露天風呂の壁改修大作戦

今回は露天風呂の「ひのき風呂」と「岩風呂」の仕切り壁をリフォームしました。例によって自分たちで改修したので少しご紹介しますネ!

木は鉄等の金属と違って自然でぬくもりもありとても好きなのですが、風雨にさらされていると老朽化が早いのが欠点です。今回改修した部分も屋根のないところなので朽ち果ててしまいました。(それでも20年くらいは持ちました)

壊れた部分全体を撤去し作り直しました。
今回はあらたに小さな屋根をつけてみました。簡単な屋根なので効果はあまり期待できませんが、それでもないよりはましです。見た目も良くなりました。

構造材もすべてヒノキ材にかえました。市内のホームセンターで全部そろえることが出来、配達までしてもらいました。

組み立てる前からしっかりと防腐剤を塗り込みました。(キシラデコールを二度塗りしました)

下から順番に半割の丸太を貼り付けていきます。この材料はさすがにホームセンターにはなく地元森林組合で用意してもらいました。

両面丸太を貼り付けもう少しで完成です。

完成しました。我ながらなかなかの出来では exclamation and question
工事期間一週間程(準備期間を含めて)工事費10万円以内で収まりました。自分たちでやるととっても安上がりです。ふらふら ふらふら

  1. この記事へのコメントはありません。